キリマンジャロ

コーヒーの事を知らなくても、キリマンジャロという名前は、結構みなさん知っているのではないでしょうか。
キリマンジャロとは、アフリカのタンザニア国にある山の名前だそうで、タンザニア産コーヒーの総称的な感じで日本では使われています。
この呼び方に否定的な人も多いですが、僕は、タンザニア産のコーヒーは、キリマンジャロとよんでいます。



↑最近、KONOのドリッパーで夜は淹れています。
一般的なドリッパーでも色々試してみるのもよいなと最近思います。



↑真っ黒なかなり深煎りのキリマンジャロコーヒー。
よく酸味が強いなどのイメージで知られてまして、事実派手な味がします。
深煎りにすると、さすがに酸味はほとんど感じませんが、マイルドで飲みやすいコーヒーです。

近年は、ケニヤなどの豆がもてはやされ、キリマンジャロは二番手のような扱いを受けている様に感じますが、僕は、キリマンジャロが大好きです。
浅煎りにすると、名前のようなキリっとした少し派手な酸味を感じられます。

個性が強い豆なので、好き嫌いは分かれそうですが。