悪しきコーヒー豆を使う道

不気味なタイトルですが、毒を入れるわけではないのでご安心を(笑)
そもそも売り物用のコーヒーではありませんし。


カネフォラ種(ロブスタ種で有名)という大量生産のコーヒーによく使われる非常に苦味の強い豆を使ったブレンドで煎れてみました。
深煎りにするとどんな豆でも苦味が出るのですが、ロブスタ種は、甘みや香りが少なく、ひたすら後味のきつい苦味が襲ってきます。
はっきり言って単体で飲むにはきびしい一品です。

今回は深煎りのブレンドに2割入れましたが、これでもかなりロブスタの香りがきついです。
1割程度におさえると、場合によってはキリっとした味を作れることもあります。
かなり使用センスの問われる豆とも言えます。

まだまだ商品に使えるわけではありませんが、少しずつ試してみたいと思います。

ちなみに・・日本の一般的な自家焙煎業界では、この豆を病原菌のごとく嫌うかなりおかしな風潮が広がっています。
イタリアなどでは、今でもロブスタメインのエスプレッソが主流と聞きますが、イタリアの高級なエスプレッソマシンを導入してロブスタを否定するというのは、なんとも滑稽な気もします(^^;